小児歯列矯正
成長期を利用した予防矯正ではあまり効果が望めない場合や
矯正治療の期間を短くしたい場合の歯列矯正に
名古屋市天白区の歯医者 いちろう歯科では、マウスピース型の装置を使用しています。

お子さまの歯並びで気になることはありませんか?

  • デコボコしている
  • 受け口が気になる
  • 隙間があきすぎ
  • 出っ歯が目立つ
  • 口が閉まらない
  • 噛み合わせが深い

少しでも気になることがあれば
お気軽にご相談ください!

当院で行う
お子さまの歯列矯正

マウスピース型矯正装置
「インビザライン・ファースト」

invisalign first

取り外しのできるマウスピース型の装置を使って、永久歯の生えるスペースを作りながら歯列を矯正していきます。食事中や歯磨きの際に取り外しが出来るのもメリットです。(歯並びの状況によっては固定型のワイヤーを併用することがあります)
装置が目立つことを気にされて、前向きになれなかったお子様でも、ワイヤーを用いることなく治療ができます。

※マウスピースの材料は厚生労働省に認可を得たものですが、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

対象年齢

10歳前後
予防矯正では効果があまり望めない場合(成長期を利用できない方の場合)、予防矯正と併用して行います。
期間を短くしたい、習癖がないなどの場合は単独で行う場合もあります。

矯正期間

半年〜1年
  • メリット
    • 透明のマウスピースで目立ちにくい
    • 取り外せるので衛生的
    • 金属アレルギーの心配がない
  • デメリット
    • 着用時間が長い
    • 多少の痛みが出る場合がある

予防矯正との違い

  • *

    歯列矯正である
    予防矯正と異なり歯列矯正になるため、医院主導で歯を動かしていく治療です。
    また歯を動かしていくため、多少の痛みがでる場合もあります。
  • *

    1日22時間以上着用
    基本的には食べている時と歯磨きの時以外は着用する必要があり、1日22時間以上の装着が必要です。また時間以外にも、管理や飲食の制限があります。
  • *

    短い治療期間
    一般的には2年から4年はかかる小児矯正ですが、9ヶ月程度で歯並びを整えられるのもメリットの一つです。
    ※個人差があります(保定が必要、後戻りの可能性あり)

まずはお子さまのお口の状態を確認し、各種検査を行った後、
お子さまにとってどの矯正が最適か、
各治療との違いやメリット・デメリットなどをご説明いたします。

悪い歯並びが及ぼす影響

歯への影響

むし歯や歯周病のリスクが高くなる
歯並びが悪い場合、デコボコしていて歯の間に汚れが溜まりやすくなります。そうすると効率よく歯磨きができず、磨き残しを作る原因になります。そのためむし歯や歯周病のリスクが高くなり、また口臭の原因になることもあります。
他の歯科治療の効率が下がる
矯正治療以外の一般歯科の治療も、歯並びや噛み合わせがよくないことで複雑になり、治療の効率を下げてしまうことがあります。

身体への影響

消化器官や顎の関節だけでなく、身体にも負担がかかる
歯並びが悪いと噛み合わせにも問題が起き、よく噛むことができません。そのため顎の関節に負担がかかったり、食べ物をそのまま飲み込むことにより胃腸などの消化器官に大きく負担をかけてしまうことになります。
また、片方で噛むなどの悪い癖がつくことにより全身のバランスが乱れ、頭痛や肩こりの原因になることもあります。
身体全体の成長を阻害する原因にも
成長期に歯並びが悪い状態だと、お口周りの筋肉だけでなく全身の骨格の成長や発育を阻害する原因になることがあります。
また、咀嚼機能(噛む機能)がうまく育たないことは、身体全体の発育が遅れてしまう原因になることもあります。

心への影響

発音しづらい
悪い歯並びの程度によっては、発音や発語に影響が出る場合もあります。その場合うまく会話ができず、人とのコミュニケーションにストレスを感じることもあります。
見た目が気になり精神的にもストレスを抱える
歯並びが気になってしまい、人前でうまく笑えない、口を大きく開けられないなど、精神的な負担がかかってしまう場合もあります。

*

精密な型取りができるi-Teroを導入
マウスピース型の矯正を行う際に非常に重要なのが、精密な歯型のデータを取ることです。そのため、まだ日本でも導入数の限りなく少ない光学スキャニングの装置を導入しています。放射線を使用せず、従来の型取りに使用されていたシリコン材を型取りの際に誤飲する心配もありません。模型は作成後に変形する可能性もありますが、変形することも無く、より精密なマウスピースの制作が可能です。
i-Teroについて
ページの先頭へ戻る