入れ歯(義歯)
名古屋市天白区の歯医者 いちろう歯科では、患者さんのご要望に答えられるよう
保険診療、自費診療の入れ歯に対応しています。
メリット・デメリットもしっかりお伝えし、治療法を選ぶサポートをしています。

歯を失ってしまった場合の治療について

入れ歯治療を検討されている方に、
事前にお伝えしたいこと
歯の損失に対する治療には、大きく分けて入れ歯・ブリッジ・インプラントがあります。
いずれにせよ、他の部位へ本来無い侵襲、負担が出てきます。それにより、他の部位へのリスク(虫歯のリスク、菌が繁殖しやすい、炎症を起こしやすい、過重負担になり他の歯を弱らせてしまう、歯周病のリスク、破折のリスク、噛みづらい、しゃべりづらいなど)は軒並み上がります。
また、選択肢は入れ歯だけではありませんので、他の治療法も含めて、メリット・デメリットを把握した上で選ばれることをおすすめします。
患者さんご自身の体のことなので、医者任せにするのではなく、患者さんご自身にしっかりと考えて決めていただくサポートをしています。
入れ歯で悩まれている方へお伝えしていること
入れ歯を使用していて、「痛い」「合わない」と思われている場合、そのまま使い続けていても、慣れたりよくなったりすることはありません。
合わないものを我慢して使うのは、歯にも体にもよくありません。違和感があれば、どうしようかと悩むのではなく、すぐに歯医者さんへ相談されることをおすすめします。
いちろう歯科では、他院で作られた入れ歯のトラブルについても対応しております。お気軽にお問い合わせください。

他院で作られた入れ歯のトラブルにも対応しています

歯を失ってしまった場合の
治療について

*

歯のなくなった部分だけでなく
お口全体でベストな入れ歯をご提供します
なくなった歯を補綴するのはもちろんのこと、入れ歯にすることで他の歯に負担がかからないように、全体を見てベストなものを設計するようにしています。
また、患者さんにフェアな説明をすることも大切にしています。欠損補綴の治療はインプラントやブリッジなど他の方法もあります。それぞれのメリット・デメリットをお話しした上で、患者さんに選んでいただくのがベストだと考えているからです。インプラントが必要な場合は、提携医院をご紹介もしています。
入れ歯のメリット
  • 後戻りできる
    入れ歯は削ったり埋め込んだりしないので、合わなければすぐにやめることが可能です。
    どの治療法が良いか迷われている方にはおすすめです。
  • 長期的に見て衛生的
    寝たきりなどになって、ご自身でケアができなくなったときにも、外して他の人がお手入れできるので衛生的です。
  • 保険診療のものであれば比較的安価
    保険診療の入れ歯は比較的安価に作れることが多く、費用を抑えることができます。
入れ歯のデメリット
  • 噛む効率が悪い
    自分の歯で噛む力が「10」だとすると、入れ歯の力は「4」だと言われています。
  • わずらわしい
    付けたり外したりしてお手入れをしないといけない手間はあります。また、人前ではケアがしにくい傾向にあります。
  • 異物感がある
    他の治療法に比べると異物感があります。
  • 目立つ
    入れ歯をする場所や物によっては目立つことがあります。

当医院で扱う入れ歯の種類

当院では以下の3種類を取り扱っております。

ノンクラスプデンチャー

*

部分入れ歯を固定するための金属の金具(クラスプ)がない入れ歯で、メタルフリーにも対応できます。
入れ歯を固定するための部分は柔らかく、残っている歯や歯ぐきを傷つける心配がありません。
また、歯ぐきによく馴染む色で作ることができ、自然な見た目を再現できるので、周囲の人に入れ歯を入れていると気付かれにくくなります。

  • メリット
    • 入れ歯を入れていることに気づかれにくい
    • 軽くて薄くすることができるため、
      違和感が生じにくい
    • 歯を大きく切削することなく、
      適度な維持効果が得られる
    • 金属アレルギーにも対応できる
    • 食べかすなどが隙間に入りにくいので、
      衛生的
  • デメリット
    • 自費診療のため費用が高額になりやすい
金属床義歯

*

歯ぐきに触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
金属を使うため、保険のプラスチック義歯よりも強度があり、歯ぐきの役割をする床の部分を薄く作ることができます。そのため装着時の違和感を少なくすることができます。
また、食べ物や飲み物の温度が伝わりやすいため、より美味しく、楽しく食事を楽しんでいただくことができます。

  • メリット
    • 義歯床に金属を使用することで
      薄く装着感が無い
    • 温度を感じやすく食事も美味しい
  • デメリット
    • 自費診療のため費用が高額になりやすい
プラスチック義歯(保険適用)

*

保険診療で作ることができる入れ歯で、使用できる素材に制限があります。
床部分のプラスチックは強度を出すためにある程度厚みが必要で、装着時に違和感を感じることがあります。
また、長期使用により変色したりすり減ったりしやすいことがあります。
しかし、万が一破損した場合は比較的容易に修理ができます。

  • メリット
    • 保険診療なので費用が抑えられる
    • 破損した場合でも
      比較的容易に修理ができる
  • デメリット
    • 床が厚いため、
      装着時に違和感を感じることがある
    • 味や温度が伝わりにくく、
      食事を楽しめない場合がある
    • 長期使用による、
      変色やすり減りが起こりやすい
    • 臭いや汚れを吸着しやすい

料金表はこちら

入れ歯が合わない方は一度ご相談ください

他院での入れ歯治療が合わなかった方へ
現在お使いの入れ歯が外れやすい、噛むと痛い、話しにくい、食事がしにくいなどの問題がある方はお気軽にご相談ください。まずは、一から検査をして状況を確認していきます。
入れ歯自体の設計が悪かったり、物が悪かったりして合わない場合は、修理したり手直ししたりして使えそうなら対応しています。
体質的に入れ歯が合わない方も中にはいらっしゃるので、その場合は他の方法を提案いたします。
ページの先頭へ戻る