審美治療での
被せ物・詰め物
名古屋市天白区の歯医者 いちろう歯科では、保険診療の補綴物の他に
審美性と機能面に優れた審美補綴物(被せ物・詰め物)も取り扱っています。

当院が審美治療を行う際に
念頭に置いていること

審美治療は見た目だけのものではなく
健康面にも影響します
審美というのは見た目だけではありません。しっかりした基礎や前処置があり、健康な環境があり、その上に初めて審美があるという事です。不健康の中に審美は存在できないと考えています。
審美治療は保険診療では選べない素材や方法も選択することができます。そのため、その人にぴったりと合った精度の高い被せ物や詰め物も提供できるようになります。
自由診療で選べる素材は保険診療のものに比べて機能、耐久性、衛生面、健康面においても優れています。例えば金属アレルギーが心配な方は金属を使用していないものを選択することも可能です。 お口の状態によってご希望の治療が適さない場合もありますので、まずは一度ご相談ください。
金属アレルギーについて
そもそも銀歯は健康面ではかなり粗悪な素材となります。 主要金属であるパラジウムに関しては、国によって人体に使用することが法律で禁止されているところもあります。また合金ですので様々な金属が含まれており、中でもニッケルはアレルギーになりやすい金属の代表です。ちなみに歯科医で自分の歯に銀歯を入れる人はいないと思います。 海外でも銀歯を入れる国はあまりありません。

当院ではメタルフリーの詰め物・被せ物を扱っています

*

保険診療と自費診療の素材には
こんな違いがあります!

  • 01

    精度
    保険の銀歯とセラミックやハイブリッド、金歯では、仕上がった際の精度が違います。形を取る材料、作る工程、素材、接着材料全てにおいて、銀歯より精度を高く作るための工程がいくつもあります。
    精度がよければ隙間も少なく、細菌が隙間に入り込み虫歯や歯周病になるリスクも少なくなります。
  • 02

    清潔度
    素材により細菌の付着しやすさが違うため、歯周病や虫歯のなりやすさも違います。
    例えば、セラミック(陶材)とプラスチック(保険で白いもの)では当初の見た目は素人目では大差ありませんが、継時的にはプラスチックには変色、劣化、口臭の原因等の問題が出てきます。
    一方、セラミックは食器で使われるくらいですから基本清潔です。着色や汚れも着きにくく簡単に落ちます。
    陶器のお茶碗とプラスチックのお茶碗をイメージしてもらえるとわかりやすいのですが、子供用のプラスチック製のお茶碗はだんだん汚くなって洗っても取れません。変色もあり臭いも付いてきます。
    これは吸水性があるからで、汚れも入り込みますので磨いても取れず、臭いの原因にもなります。
    セラミックは何年たっても着色、変色、臭いが取れないということはなく、簡単に洗い流せます。
  • 03

    耐久性
    素材による硬さや摩耗度合が違います。使用できる年数にも違いが出ます。
  • 04

    安全性
    銀歯にはニッケルなどアレルギーの出やすい金属が含まれています。オールセラミック、ジルコニアには金属が含まれていません。ゴールドもアレルギーの出にくい素材です。
  • 05

    審美性
    個人差はありますが、下顎はほぼ全歯、上顎は左右とも前歯から5本目の歯までは目立ちやすいです。前歯は保険でも表面だけ白いものにできますが、透明感、自然感、変色、劣化などの点において圧倒的に劣ります。色合わせも、プロのテクニシャンによりしっかりデータを取って行います。

当院で取り扱う素材の特徴

ジルコニアセラミック

前歯の被せ物(クラウン)・被せ物(クラウン)

  • 美しさ:★★★★★
  • 耐久性:★★★★★
  • 安全性:★★★★★

非常に強度の高いジルコニアを内側に使用し、外側に審美性に優れたセラミックを焼き付けた被せ物です。
二つの素材の特徴を生かし、強度と見た目の美しさを両立させており、天然の歯にもよく馴染みます。また、噛む力のかかる奥歯にも使用できます。
メタルフリーなので金属アレルギーの原因にもならず体に優しい素材です。

  • メリット
    • 自然な白色
    • ほとんど変色しない
    • 磨耗に強く耐久性に優れている
    • 清潔感が高くプラークがつきにくい
    • 金属アレルギーにならない
  • デメリット
    • 極度に強い衝撃を与えると割れることがる
    • 自費診療のため費用がかかる
オールセラミック

詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)

  • 美しさ:★★★★★
  • 耐久性:★★★★
  • 安全性:★★★★★

すべて陶器で構成されています。陶器は割れやすいというイメージがありますが、歯に使われるセラミックは噛む力に対して耐久性のあるものです。細菌が付きにくく清潔に使うことができ、仕上がりの精度が高いため二次虫歯のリスクも低くなります。着色や変色がなく天然の歯によく馴染むため、審美性にも優れています。
金属を一切使用していないため、金属アレルギーの心配もなく安全で、親和性に優れます。

  • メリット
    • 自然で透明感のある白色
    • ほとんど変色・着色がない
    • 磨耗に強い
    • 清潔感が高くプラークがつきにくい
    • 体に優しいメタルフリー
  • デメリット
    • 極度に強い衝撃を与えると割れることがる
    • ブリッジには適していない
    • 自費診療のため費用がかかる
オールジルコニア

詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)

  • 美しさ:★★★★
  • 耐久性:★★★★★
  • 安全性:★★★★★

ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるほど強度に優れた素材です。高い耐久性のため、噛む力が強い奥歯にも使用できます。セラミックに比べて透明感はやや劣りますが、吸水性もなく変色しないため、白い見た目を保つことができ口の中によく馴染みます。
金属を使用しておらず、アレルギーの心配がありません。

  • メリット
    • 自然な白色
    • ほとんど色が変わらない
    • 磨耗に強い
    • 清潔感が高く汚れがつきにくい
    • 金属を使用していない
  • デメリット
    • 極度に強い衝撃で割れることがる
    • 自費診療のため費用がかかる
ゴールド

詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)

  • 美しさ:★★★
  • 耐久性:★★★★★
  • 安全性:★★★★

保険の銀歯は天然歯より圧倒的に硬いため、噛み合う相手を削ってしまいます。インレーなど部分的に詰めると、経時的に周りの歯は少しずつ削れていきますが金属部分は削れないため、そこに段差ができて2次カリエスや脱落の原因になります。ゴールドは天然歯に近い硬さで伸展性に富み、段差ができにくくよく歯に馴染みます。
アレルギーの起きにくい金属を使用しています。

  • メリット
    • 耐久性が高い
    • 2次むし歯になる可能性が低い
    • 金属アレルギーになりにくい
  • デメリット
    • 金属色が目立つ
    • 自費診療のため費用がかかる
ハイブリッドセラミック

詰め物(インレー)

  • 美しさ:★★★★
  • 耐久性:★★★
  • 安全性:★★★★★

プラスチックとセラミックを合わせた素材です。オールセラミックに比べて耐久性などは劣りますが、プラスチックの欠点をセラミックでカバーしているため、小臼歯のインレーまでの大きさには適応可能です。
セラミックよりも安価に提供可能です。

  • メリット
    • 白いため目立ちにくい
    • ジルコニアやセラミックより安価
  • デメリット
    • 衝撃で割れることがある
    • 多少変色することがある
    • 自費診療のため費用がかかる
ダイレクトハイブリッド
  • 美しさ:★★★★★
  • 耐久性:★★★
  • 安全性:★★★★★

悪くなった部分を削ったところにセラミックとプラスチックを混ぜたペースト素材を直接詰めて光で固めます。
型を取る必要がなく、1回で処置が完了します。また、直接詰めるためセメントが必要なく、歯と修復物の間に隙間ができないため2次むし歯のリスクがほとんどありません。ハイブリッド素材のため使用範囲に制限はあるものの、その人の歯にあった色を選ぶことができるので、審美的にも優れています。

  • メリット
    • その人の歯にあった色が選べる
    • 型取りが必要ない
    • 2次むし歯のリスクが低い
    • 体に優しいメタルフリー
  • デメリット
    • 衝撃で割れることがある
    • 使用できる場所が限られる
    • 自費診療のため費用がかかる

料金表はこちら

ページの先頭へ戻る