一般歯科・根の治療

当医院の歯科治療・根の治療に対する考え方

むし歯治療・根の治療を行う際、
どのようなことを念頭に置いて
治療されていますか?

虫歯治療の方法は一つではありません。基本としては、取り残しなく、いかに削る量を少なくするか、目立たないようにするか、再治療のリスクを抑え修復物をいかに長持ちさせるか、治療後の口腔内環境への悪影響を無くすかを意識しています。しかし、この中には相反するものもあり、両立が難しい所も出てきますし、料金に差が生じるものもあります。治療を受けられる患者さんの価値観により、優先順位に違いが出てきますので、最終的には患者さんにしっかり説明をし、ご理解いただき、自由意思で選択し、納得いただいた計画で進める事となります。ただし、結局虫歯の治療は対症療法にすぎず、元々の自分の健康な歯に勝るものは存在しません。なぜ今回虫歯になってしまったのか、今後繰り返さない為には何が必要なのかを、知っていただきたいと思います。
根の治療は回数がかかる治療の一つであり、それでいて再発が多い治療の一つです。
いかに回数を少なくし、かつ感染源をしっかり除去して再発させないかを意識した治療をしています。

むし歯治療や根の治療を先送りにすることによるリスク

どちらも自然治癒はあり得ません。先送りにすることで状況が悪化することはあっても、良くなることはないのでデメリットしかありません。

痛くない治療にするために行っていることを教えて下さい

痛みを伴うと予想される治療は、しっかり麻酔を効かせて行います。麻酔も場合によっては表面麻酔をし、針も極力細い針でゆっくりと行います。電動の物を使う場合もあります。打つ場所も大切ですし、打ち方によっても痛みの極力ない打ち方というものがありますので、トレーニングを行っております。注射以外にも、頬の引っ張り方やバキュームの吸い方などもトレーニングを行っています。

治療方針について

神経に関して

歯の神経は、取らなくて済むものなら残していた方が良いのは間違いありません。極力残せる努力はします。場合によっては判断が付きにくいこともあり、そういった場合はまず残す方向で進め、経過を見ることもあります。

抜歯に関して

こちらも残せるものは残した方が良いことは確かです。しかし場合によっては、残さない方が全体で見て利益が大きいこともあります。本来の目的は歯を残す事ではなく、しっかり噛める事、口腔内環境が良くなることです。残す事ばかりに目的意識が行ってしまって、かえって噛みにくかったり、口腔内環境全体で見て悪影響があったりするものを無理して残すのは違うと考えています。

治療後の注意点

神経を取らなかった場合(軽度な治療)

治療をした歯は虫歯にならない、もしくはなりにくいと考えている方がよく見受けられるのですが、それはまったく間違いです。簡単な治療をした歯でも、なにもされてない歯に比べればリスクはかなり上がります。今回なぜそこに虫歯ができたのかということをしっかり理解し対応をしなければ、必ず繰り返し、状態はどんどん悪くなってしまいます。

神経を取った場合

神経を取る処置をすると2、3日は噛んだ時の痛みが出ます。数日間はあまり固いものを積極的にその歯で噛んだりせず、歯を安静にする必要があります。神経を取るということは、一緒に歯に入ってきている血管も取ってしまいます。神経を取った歯は言わば枯れ木と同じで、もろく弱いです。ですから、しっかりしたケアがとても大事です。

根の治療を行った場合

根の治療を行った場合

治療をしているところにもかかわらず、腫れたり痛みが出てきたりすることがあります。そういった場合には、我慢したり薬でごまかしたりせず、一度見せに来ていただく事をすすめます。

ご予約・ご相談はお気軽に

塩釜口駅周辺で歯医者をお探しの方はいちろう歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 052-800-2655
  • top_img20_sp.png
  • 24h受付 WEB予約はこちら24h受付 WEB予約はこちら