口腔外科

親知らずについて

親知らずの抜歯について

当院では口腔外科の専門医が在中しており、より経験を積んだ歯科医師が親知らずの抜歯を担当しております。きちんと生えていない親知らずは虫歯や歯周病になりやすかったりとリスクを伴います。親知らずが気になる方はお気軽にご相談ください。

親知らずはすべて抜くべき?

親知らずの抜歯自体はケースバイケースです。残しておくことで、他の歯や口腔内環境に悪影響を及ぼす場合もあります。

1、親知らずが少ししか見えておらず、これ以上生えそうにもない

斜めになっていたり、横に倒れているときちんと生えずに虫歯や歯周病の要因になります。

2、親知らずの周りに嚢胞がある

レントゲン上で親知らずの周りに袋状の影が映ることがあります。これを嚢胞と呼び、様々なトラブルを起こす要因となります。

3、親知らずが手前の歯を強く押している

歯並びに影響を及ぼすため、抜歯を推奨しています。

4、親知らずが歯ぐきや頬を傷つけいている

痛みを生き起こすだけではなく、顎関節症の原因にもなります。

5、親知らずが虫歯や歯周病になっている

歯が届きにくい親知らずは、虫歯や歯周病になりやすいため、罹患した場合は抜歯を推奨 しています。

痛みの少ないレーザー

歯科用レーザーには止血効果、血行促進、鎮痛効果などメリットがあります。口内炎に照射することで痛みが和らぎ治りも早くなります。また抜歯後に照射をすることで、すぐに血を止めることができます。メスとしても使用することがあり、少ない痛みで切開が可能です。

ご予約・ご相談はお気軽に

塩釜口駅周辺で歯医者をお探しの方はいちろう歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 052-800-2655
  • top_img20_sp.png
  • 24h受付 WEB予約はこちら24h受付 WEB予約はこちら