予防歯科

予防処置

私達歯科医が行っている「治療」と言われるものは、実は「応急処置」「対症療法」にすぎません。虫歯ができたから削る、穴が開いたから埋める。ダメになったから抜く、歯が無くなったから代わりの物を入れる。これらはすべて事後処理であり、元に戻ることはありませんし、健康な元々の状態より良くなることもありません。その状態から、また同じ生活習慣、ケアを続ければ、短期間でさらに悪くなることは、火を見るより明らかです。「なぜそうなったのか?」「そうなるリスクを自分はどこに持っているのか?」をしっかり検査し、知った上で予防にシフトすることが大事なのは、至極当然です。その中でプロである我々が情報提供をし、教育をし、手助けをし、難しい点はこちらが担当し、共に歩んでいくのが予防処置です。

生涯医療費は歯で決まる?

すべてが決まるとは当然思いません。しかし、おそらく皆さんが想像する以上に大きく影響します。それは、しっかりしたデータでも出ているので間違いありません。口腔内の環境は口腔内に留まることはありません。全身に影響します。

当医院が推進する予防処置

いちろう歯科では、3カ月に1度の定期予防処置をおすすめしています。
3カ月に1度というサイクルは、平均的な雑菌汚染のサイクルです。
一度クリーニングをしても、ほぼ3カ月でバイオフィルムという下水管のぬめりのような層が歯の表面に形成され毒性をもちます。それができてしまうと、毎日の歯磨きではなかなかとれません。
そのバイオフィルムによって悪玉菌はバリアで覆われているのと同じなので、守られた環境下で成長していくことになります。このバイオフィルムを定期的に破壊してやる作業が3カ月に1度の定期予防処置の大きな目的の一つです。
3カ月に1度のケアで定期的に通うことができれば、まず深刻な菌の増殖も防げます。美容院のような感覚で快適さを味わいながら、歯と口腔内の健康を維持できます。
この定期予防処置については、いちろう歯科のスタッフも全員、患者さんと同じように3カ月に1度受けています。

予防歯科の重要性 

治療費について

日本の健康保険が素晴らしい制度であることは間違いありません。しかし、保険診療が基本的にはすべて疾病医療に対してのものである、という点は問題のひとつです。保険診療は、病気にかかって初めてその恩恵を受けることができるものなので、病気を未然に防ぐための予防医療には適用されないのです。ですから予防処置である歯科医院でのメンテナンスなどは、基本保険適用外となります。

しかし、「予防こそ最も重要であり、皆様の利益になるものである」と当院では考えているため、あえて予防歯科に注力しています。そのままでは発病してしまうことがわかっている中で、放置して病気が発症するのを待つのは、医療従事者としてありえません。疾病医療はどうしても対処療法になりがちですが、予防処置こそが根本療法であり、患者さんの利益になるものであると考えています。

当医院で行っている予防治療の特徴

パウダークリーニング

歯に負担をかけずに、短時間でプラークや着色を除去できるクリーニングです。ウォータースプレーと専用パウダーを吹き付けて、汚れを素早く飛ばします。クリーニング後の清涼感や心地よさが特徴で、ホームケアの質が自然と上がる方もいらっしゃいます。

機能水(たんぱく分解除菌水・ポイックウォーター)

お口の中に潜む細菌の塊(バイオフィルム)の除去は機械的に行うのが通常ですが、当医院では『たんぱく分解除菌水』を使用することで、効率よく痛みを抑えて除去していくことを可能にしています。たんぱく分解除菌水は、通常の消毒液や抗菌薬とは異なり、人体への影響や副作用がありません。当院では、メンテナンス以外でも、根の治療や歯周病治療に、この機能水を活用しております。またホームケアにも活用していただいています。

3DS

マウスピース型トレーを使って、歯面や歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)に付着する悪玉菌をやっつけて歯質強化を行う方法です。トレーの中には機能水、抗生剤、殺菌剤、フッ素など、患者さんの状況に応じて必要とされるものを選択し、使用します。もともと薬剤は一定時間作用しないと効果がほとんど期待できません。口腔内に使う薬剤はすぐ流れ落ちてしまう点でなかなか効果を出すことができないのですが、トレーを使うことで、薬剤などが歯面や歯周ポケットに停滞する時間を延ばすことができ、ピンポイントで狙い撃ちすることも可能になります。目的とする作用を持続的で局所的に働かせることが期待できる、次世代口腔ケアの形のひとつです。

予防処置コース(メンテナンス)

当医院では、費用対効果やコストパフォーマンスを最大限考慮し、いくつかのコースをご用意した上で、
予防処置を提供させていただいております。常に、最も良いもの・必要と思われるものを皆様に提供できるよう、
スタッフ一同、取り組んでまいります。

クイックコース(30分 5,500円)

①染め出し

染め出し液で、磨き残しなどのチェックをします。

②TBI

染め出し結果をもとに、磨き方の確認やアドバイスなどを行います。そして、担当の衛生士と一緒に歯ブラシを使いながら、磨き方の確認をしていきます。染め出しをすることで、視覚的にも自分の磨き残しがどこなのかを確認できるため、セルフケアにも役立ちます。

③ポイックイリゲーション

たんぱく分解除去水と超音波機器を用いて、歯と歯茎の間にたまったバイオフィルムの除去を行います。機能水を用いることで、優れた殺菌効果が得られ、効率的かつ効果的にバイオフィルムを除去することが可能になります。

④パウダークリーニング

歯に負担をかけず、短時間でプラークや着色を除去していきます。ウォータースプレーと専用パウダーを吹き付けて、汚れを素早く飛ばします。

スタンダードコース(45分 7,800円)

①染め出し

染め出し液で、磨き残しなどのチェックをします。

②TBI

染め出し結果をもとに、磨き方の確認やアドバイスなどを行います。そして、担当の衛生士と一緒に歯ブラシを使いながら、磨き方の確認をしていきます。染め出しをすることで、視覚的にも自分の磨き残しがどこなのかを確認できるため、セルフケアにも役立ちます。

③ポイックイリゲーション

たんぱく分解除去水と超音波機器を用いて、歯と歯茎の間にたまったバイオフィルムの除去を行います。機能水を用いることで、優れた殺菌効果が得られ、効率よく効果的にバイオフィルムを除去することが可能になります。

④パウダークリーニング

歯に負担をかけず、短時間でプラークや着色を除去していきます。ウォータースプレーと専用パウダーを吹き付けて、汚れを素早く飛ばします。

⑤舌除菌

お口の中の細菌は、舌の上にたくさん存在しています。バイオフィルムの除去を行うと、そこから放たれた細菌も浮遊細菌となり、舌に落ちます。そのため歯面をクリーニングした後に、除菌機能水を用いて舌の掃除を行います。

⑥仕上げ

歯面強化、フッ素効果、歯面滑沢効果など、患者さんに合ったものを担当衛生士がその時々でチョイスし、きれいになった歯面の仕上げとして行います。車の洗車のワックスみたいなものです。

パーフェクトコース(60分 10,000円)

①染め出し

染め出し液で、磨き残しなどのチェックをします。

②TBI

染め出し結果をもとに、磨き方の確認やアドバイスなどを行います。そして、担当の衛生士と一緒に歯ブラシを使いながら、磨き方の確認をしていきます。染め出しをすることで、視覚的にも自分の磨き残しがどこなのかを確認できるため、セルフケアにも役立ちます。

③ポイックイリゲーション

たんぱく分解除去水と超音波機器を用いて、歯と歯茎の間にたまったバイオフィルムの除去を行います。機能水を用いることで、優れた殺菌効果が得られ、効率よく効果的にバイオフィルムを除去することが可能になります。

④パウダークリーニング

歯に負担をかけず、短時間でプラークや着色を除去していきます。ウォータースプレーと専用パウダーを吹き付けて、汚れを素早く飛ばします。

⑤フロス

歯科医院専売の清掃能力に優れたスーパーフロスを用いて、歯と歯の間をくまなく機械的にプラーク除去していきます。

⑥舌除菌

お口の中の細菌は、舌の上にたくさん存在しています。バイオフィルムの除去を行うと、そこから放たれた細菌も浮遊細菌となり、舌に落ちます。よって、歯面をクリーニングした後に、除菌機能水を用いて舌の掃除を行います。

⑦仕上げ

ポリリン酸配合のジェルを用いて、全体の仕上げを行います。このジェルは組織再生、歯面滑沢、歯面強化、ホワイトニング効果など、さまざまな効用が期待できます。

3DSコース(35,000円)

オーダーメイド3DSマウスピースに、1時間の予防処置コース、術前・術後のSMT検査、担当衛生士による検査結果のフィードバックカウンセリングがセットになったコースです。

3DSの内容・特徴

◆次世代のホームケア商品です。
◆通常の歯磨きにプラス。1日5分間装着することで、薬剤の効果をしっかり発揮させることができます。
◆使用前に、お口の中のバイオフィルムの機械的除去を行い、細菌叢をリセットします。
◆ オーダーメイドのマウスピースを使用することで、その効果を効率よく、最大限発揮することが可能となります。
◆ しっかりした検査による科学的データをもとに、患者さんに最良な効果が期待できる薬剤を、担当の衛生士が選び出します。
◆ 使用方法については、患者さんのライフスタイルに合わせて、担当の衛生士がプランを組み立て、ご提案します。
◆ 術前・術後に唾液検査を行い、効果の確認や今後のアドバイスなどを担当の衛生士が行います。

予防歯科でクリーニングを担当する歯科衛生士より、皆さまへ 

患者さんへお伝えしたいこと

「歯は治るもの」と思い込んでいる患者さんも多いのですが、歯は一度失ってしまうと決してもとには戻らないということをお伝えしています。虫歯や歯周病を治療することはできても、削ってしまったり抜けてしまったりした歯が元に戻ることはないのです。そして、いくら技術が進歩していると言っても、自分の歯に勝るものはありません。歯を失ってしまった患者さんからは、「なくなって初めて、もっと大切にすれば良かった」という声がよく聞こえます。失ってから後悔しても遅いのです。だからこそ、歯においては「予防」が何より重要です。

 

クリーニングをすすめるにあたって注意していること

お口の中には、虫歯や歯周病になりやすいリスクの高い場所があります。歯は色々な形をしていますので、その箇所に合った的確な予防処置をするよう注意しています。
また当医院では、予防処置に来ることを心地よいと思ってもらえるよう、リラックスできる施術を心掛けています。お顔やお口は人の体の中でも敏感な場所です。なるべく痛みのないようにするのはもちろん、タオルのかけ方や手のタッチのしかたも意識して、患者さんと接するようにしています。
歯医者には「怖い」というイメージを持っている人が多いように感じます。しかし、歯は放っておいて良くなることは決してありません。だからこそ、自分たちの対応のせいで患者さんの足を遠のかせてはいけないという想いで働いています。
ご自宅でのケアも、無理なく楽にしていただけるよう、押し付けにならないような方法をご提案し、1人1人に寄り添った予防を提供できるようにと思っています。

患者さんにどんな思いで予防をすすめていますか?

お口が体の中につながっているとイメージできている人は少ないのですが、口腔内のトラブルは体全体への影響が大きいということを、知っていただきたいと思っています。
例えば、歯が悪くなりきちんと食べ物を噛めなくなると、たんぱく質やビタミン、ミネラルなど体を作る栄養素が摂りづらくなります。食べやすい炭水化物を中心とした、偏った食事になってしまい、カロリーオーバーなのに栄養失調という状態を作ってしまうのです。また、「歯周病を治療しなくても死なないでしょ」と言われる方もいらっしゃるのですが、実は、そうとも言い切れません。なぜなら歯周病菌が出す毒素は、糖尿病を悪化させる原因となります。脳梗塞や心筋梗塞、認知症などの原因にもなることもわかっています。
お口のトラブルは妊婦さんへの影響も大きく、歯周病は流産や早産の原因にもなります。
さらに、歯の有無はお顔の見え方にも影響を与えます。歯がない人は実際よりも老けた印象になりやすいです。
このように、お口の中は全身につながっているのです。そのことをよくご理解いただき、体全体の健康のため、積極的に予防歯科に取り組んでいただきたいです。

 

予防処置をお休みしてしまっている患者さんへ

お口の中のトラブルは、治療を先延ばしにしてしまえば悪化してしまうもの。勇気を出して、再開してもらいたいです。
生きていく上で、食事は欠かせないものであり、食事をするためのお口や歯の役割はとても重要になります。もし健康診断でどこかの臓器に異常があったら、治療したり定期的に検診を受けたりしますよね?お口も臓器と同じように、大切にしてもらいたいです。ほんの少しでも不具合があれば、すぐに来院してください。

お子さんの治療の際に気をつけていること

お子さんの歯は大人以上に虫歯のリスクが高く、予防や治療が大切になります。そんなお子さんが歯医者を怖がらないよう、治療が終わった時に楽しかったという記憶が残るようにして、「また来たい」と言ってもらえる努力をしています。話をするときは、お子さんの目線に合わせて優しく、少しでも不安を取り除けるように気を付けています。
また、お子さんに関する親御さんのお悩みにもお答えしています。
「歯磨きをしているのに、なぜ虫歯になるの?」
「食事のとり方と虫歯への影響は?」
「仕上げ磨きの正しいやり方は?」
など、お子さんのお口に関する疑問には何でもお答えします。子育て経験のある衛生士もいますので、安心して遠慮なく質問してください。

 

ご予約・ご相談はお気軽に

塩釜口駅周辺で歯医者をお探しの方はいちろう歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 052-800-2655
  • top_img20_sp.png
  • 24h受付 WEB予約はこちら24h受付 WEB予約はこちら