小児矯正

お子さまの歯並びが気になる方へ

歯並びはただ見た目だけの問題ではありません。
歯並びが悪いことで、将来の虫歯や歯周病のリスクは上がります。
顎が小さくて歯が並びきらない子は、口の中の容積も狭いということです。舌の部屋が狭いので、実は呼吸にも影響してきます。舌が奥に逃げていると、下顎も下がり喉を絞められた状態になり、本来より呼吸がしにくい状態となります。また、無呼吸症候群の原因にもなります。
顎が小さく歯が並びきらない場合、大人になってからの矯正では、歯を抜いてスペースをつくりそこを利用して並べます。これは、ますますお口の容積を小さくすることとなります。
成長期であるお子さんは、土台となる部分を広げることができるので、容積も本来の大きさに広げることが可能となります。うまく噛み合っていない、口が空いているなどのお子さんは口呼吸の可能性が大きいです。本来、人は鼻呼吸です。鼻のフィルターを通って外気は気道に入ってきます。口呼吸はダイレクトに入ってきますので、病気になりやすいです。口の中も乾きやすく、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなります。鼻呼吸は脳の冷却機能も兼ねています。口が空いている子は、集中力も下がってしまうと言われています。
歯並びについては、まだまだ波及する問題点があります。
少しでも「どうなのかな」と思われたら、まずは歯医者さんに診てもらい、相談することをおすすめします。

当医院の小児矯正治療について

一期治療の予防矯正治療とは、主にマウスピースや床装置、歯の裏に針金を添わせる3Dリンガル装置を組み合わせて行います。また、必要に応じて筋機能訓練も取り入れながら、歯の生えるスペース、口腔環境を整えていく治療法です。
基本的に自分で取り外しが自由にでき、歯の表面にブラケットのような固定装置がつかないため、食事中や通学中など、人前に出るときは装置を外すことも可能です。
また、予防矯正は歯を無理に動かすのではなく、

  • 歯の土台そのものをゆっくり広げる
  • 歯のスペースを確保する
  • 歯の生える位置と顎の位置を正しい場所に誘導する
  • 舌や口唇の正しい機能を促していく

ことを目的とするもので、痛みはほとんどなく、後戻りの心配もほとんどありません。

小児矯正を始める時期について

症例にもよりますが、基本的には小学校に上がったぐらいが良いと思います。年齢では6~7歳です。

小児矯正をおすすめしたいお子さんのお悩みや症状

歯並びや噛み合わせが少しでもおかしいかなと思われたら、まずは歯医者さんで診てもらってください。歯並びは自然と良くなることはあまりなく、ほとんどが成長とともに悪化します。早めの対応が一番効果的です。

いちろう歯科で受けられる予防矯正について

予防矯正治療とは、主にマウスピースや床装置、歯の裏に針金を添わせる3Dリンガル装置を組み合わせて行います。また、必要に応じて筋機能訓練も取り入れながら、歯の生えるスペース、口腔環境を整えていく治療法です。
基本的に自分で取り外しが自由にでき、歯の表面にブラケットのような固定装置がつかないため、食事中や通学中など、人前に出るときは装置を外すことも可能です。
また、予防矯正は歯を無理に動かすのではなく、
・歯の土台そのものをゆっくり広げる
・歯のスペースを確保する
・歯の生える位置と顎の位置を正しい場所に誘導する
・舌や口唇の正しい機能を促していく
ことを目的とするもので、痛みはほとんどなく、後戻りの心配もほとんどありません。

小児矯正のメリット・デメリット

一期治療について

一期治療とは
一期治療とは

顎の骨格構造が柔軟なうちの成長期を利用して、歯と顎の不調和を改善し、健全な永久歯の萌出を誘導していく治療です。
基本的に永久歯を抜歯せず、顎自体を広げることで歯の生える場所を確保して歯を並べます。
歯を抜かずに歯並びと噛み合わせを治せる可能性がかなり高まります。
普通行われるのは、床装置による矯正治療。ねじ付きの装置で顎を広げるよう誘導。加えて、噛む運動、食事環境の指導など生物学的な機能療法で顔の形も整えます。
床装置は外から見ても目立たず、自分で簡単に着脱もできるのが特徴です。

メリット
メリット

基本的に広げる矯正
本格矯正(ワイヤー矯正)は歯を抜き、歯の外側に針金を付け締めていくことで、機械的に歯を並べていくものです。これは、本来の口腔内のスペースを狭くしてしまう可能性があります。
予防矯正は成長期を利用することで、それとは逆の手法(内側から外側に向けスペースを広げていく)を基本とします。したがって、抜歯の可能性は低くなります。口腔内のスペースは舌のスペースであり、その上に乗る鼻腔や奥にある喉のスペースとも関連するため、呼吸にも大きく影響します。

正しい口腔機能の獲得に適した時期に行うことができる
舌癖、口呼吸、口唇閉鎖不全など、望ましくない習癖を一緒に改善していくことで、正しい成長曲線に乗せることが望めます。

精神的ストレスのかかりにくい時期に行うことができる
永久歯に生え変わってからの矯正は思春期以降となり、対人コミュニケーション、受験や仕事など、矯正装置や治療に取られる時間などのストレスが、本人に負担になってきてしまう場面が多くなります。予防矯正は思春期前までの矯正となり、本人のストレスは比較的低いと言えます。

デメリット
デメリット

期間が長くなる
予防矯正は、永久歯が生えてきたころからスタートするのが一番効果的です。基本的には生えそろうまで継続管理していきますので、個人差はありますが、小学1年生から6年生が目安です。

親御さんの協力が必要
1~2カ月に一度の通院、装置の管理、筋機能訓練の管理など、予防矯正は親御さんの協力なしではできません。

歯列がきれいに並ぶ保証がない
予防矯正は歯を並べることが目的の本格矯正とは違い、歯がきれいに並ぶ環境を整えていくことが本来の目的となります。本格矯正と違い、歯を一本一本意図的に動かしていく事はあまりしませんので、細かな微調整などは不得意です。環境が整うことで、結果綺麗な歯並びに生えそろっていく事が多いですが、最終的には本格矯正や抜歯が必要になることもあります。具体的には、予防矯正から始めた方の2/3が予防処置のみで、更にその2/3が抜歯処置なしで並びきっています。逆に言うと、1/3は本格矯正が必要となり、そのうち1/3は抜歯が必要となります。

ご予約・ご相談はお気軽に

塩釜口駅周辺で歯医者をお探しの方はいちろう歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 052-800-2655
  • top_img20_sp.png
  • 24h受付 WEB予約はこちら24h受付 WEB予約はこちら