マタニティ歯科

妊娠中のママから始める親子の歯のケア

子どもの虫歯の原因は、まずほとんどが“家族内感染”です。家族全員が感染源になる可能性があります。

以前から、お箸やスプーンの共有を禁じたりする対策はありましたが、実際にはなかなかそれだけでは予防が十分ではありませんでしたし、そもそも家族のスキンシップは必要と思います。
そこで発想の転換が必要です。お子さんが生まれてくるまでに、子どもに感染する前のお母さんや家族の口腔内の環境を改善してしまえば安心というわけです。

治療する時期は、結婚したらいつでもOK。
パートナーどうしのお口の中の感染もあるので、お子さんが生まれる予定のある方も、お口の中の手入れをしていくことで、細菌面では安全な環境下で赤ちゃんを出産できることになります。

母体と胎児の関係では、妊娠中のときのお口の中の細菌叢は、母体そのものに影響します。
お口の中に炎症があると血液の流れで、菌は胎盤を伝って胎児にも影響を与えます。早産や流産などにも関わりがあることがわかっています。

妊娠中は、ホルモンバランスが普段と違ってくるので、炎症を起こしやすいということがあります。
出血しやすくなったりもしますので、お口の中の環境も悪化しやすいです。
また、つわりなどでお口の中は胃酸などの酸で満たされますし、食事も不規則になりがちです。
また、子どもを寝かしつけるのに一緒に寝てしまって歯を磨かなかったなど、妊娠・出産の時期は、お口の中の状態が一番乱れる時期でもあるのです。

だから、妊娠しているときこそ、お口の中の健康にも気を遣い、虫歯があれば妊娠中に治してしまった方がいいでしょう。妊娠中でもほとんどの治療は可能です。

ご予約・ご相談はお気軽に

塩釜口駅周辺で歯医者をお探しの方はいちろう歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 052-800-2655
  • top_img20_sp.png
  • 24h受付 WEB予約はこちら24h受付 WEB予約はこちら