リスク管理検査(歯科ドック)

リスク管理検査(歯科ドック)とは 

歯科ドックの重要性

当医院では、新しい概念として「健口歯科」を提唱しています。
これを実現するためになくてはならないのが、リスク管理検査です。予防の重要性を理解していただくには、患者さんご自身が、ご自身の体について気付きや関心を持っていただく必要があると考えています。またご自身が抱えるリスクを知っていただいた上で、それぞれに適した提案やアドバイスを聞いていただければ、予防歯科に対して前向きに取り組むことができると考え、当院では歯科ドックを推奨しています。

歯科ドックをおすすめしたい方とは

すべての患者さんです。そもそも検査無きものは医療ではありません。当医院の考える医療の流れの大原則として「原因の除去⇒機能の回復⇒再発の予防」があります。今までの歯科治療は、この中の「機能の回復」だけを一生懸命やってきました。しかし、これは一時的な効果しかありません。前後の「原因の除去、再発の予防」こそ、医療本来の目的ではないでしょうか。ここをしっかり行っていくためには、リスク検査が必要不可欠となります。今まで虫歯や歯周病になった経験のある人はもちろん、一度もなったことがない人でもリスクはあります。例えば細菌が多いにもかかわらず唾液の力が強く、カバーされていただけかもしれません。ストレスやお薬、食生活の変化などで、唾液の力が弱まると、一気に臨界点を超え、虫歯が多発する場合もあります。またそういったお母さんが、お子さんに菌を感染させてしまうこともあります。「自分は虫歯がないのに子供は虫歯だらけなのです。」なんてことを言われる方に、実は自分が感染源だったこともあります。いずれにせよ、全ての方にリスク管理検査である「歯科ドック」はおすすめします。

虫歯リスクを抱えている患者さんへ

虫歯リスクは大なり小なりすべての人が抱えています。知らないだけです。まずはどういったリスクがあるのかを知ってください。そしてご自身が、その中のどのリスクが高いのかを知っていただきたいと思います。その上で、リスクに対してどういった対応が有効なのかを知ってください。そこまでできたら、後はかかりつけの歯医者さん(特に担当の衛生士さんを持ってください)とともにプロケアとセルフケアのすみ分けをし、共に楽しみながら、健康維持にちょっとだけ時間を割いていただけるとよいかと思います。

リスク管理検査の方法

検査の種類

まず当医院が行っているリスク管理検査には、その方の年齢に応じたステージごとに3種類の検査があります。
就学前のお子さんには「親子ドック」
小中学生のお子さんには「キッズドック」
高校生以上の方には「歯科ドック」
です。それぞれにリスクの違いがありますので、検査項目にも違いがあります。年齢により検査が難しいものもありますので、検査方法もそれぞれ違ってきます。ただどれもなるべく数値として、科学的データに基づいたものを活用していきます。ちなみに、検査の際に痛みを伴うものはありません。

唾液の重要性

唾液には様々な働きがあります。
まず咀嚼や嚥下、味覚に関わり、食べ物を美味しく食べるために働いています。また、乾燥を防ぐ(保湿作用)、粘膜や歯に着いた汚れなどを洗い流す(自浄作用)、更に抗菌作用、緩衝作用、再石灰化作用などに関係する様々な物質が溶け込み、口の環境や機能を保つ重要な役割を担っています。

検査を終えた後のフォローについて

検査結果を元にフィードバック用紙を使って、頂いたお時間で歯科衛生士が個別に説明とアドバイスを行っていきます。また、結果からその人に合ったケア用品の処方箋もお出しします。その後、メンテナンスで通っていただく際には、検査結果を参考に使用する用品を変えたり、処置内容を変えたりしています。また、1~2年に一度ごとに検査を再度受けていただく事で、経時的にリスクの増減、移り変わりなども把握でき、お役に立てると考えています。

歯科ドックの方法

お口の中のリスク管理検査を用意します。

歯科ドック(中学生以上の全ての方が対象)

中学生以上になると、これまでの生活習慣の中で、お口の環境はほぼできあがっている状態になります。とはいえ、この時期からでもお口の環境を改善することは可能です。

改善のためには、これまでの生活習慣の中でできあがっている環境を、科学的に数値として把握することが重要になります。歯科ドックではカリオロジーという、虫歯の実体を把握してコントロールする学問をもとにしたリスク数値を測定し、個別に対処することでお口の環境を改善させていきます。

逆に言えば、お口の中の虫歯菌の数や、患者さん自身の唾液の力などをご自身で把握しなければ、歯を守ることは難しいのです。客観的数値をもって現状を把握することで、原因からその対処法までを明確にしていきましょう。
これらによって、虫歯は100%予防できるものであるとされています。

歯科ドック…5,000円(12歳以上)

虫歯になる原因はさまざまであり、人によって異なります。まずは患者さんのリスクがどこにあるのかを検査によって知り、そのリスクに応じて対処法をお伝えさせていただきます。
患者さんのパーソナルなリスクを知る検査です。リスクに応じた対処法をプロがアドバイスすることで、効果的に予防へとつなげる目的で実施します。

ご自宅で気をつけてもらいたいこと

その人自身の持つリスクを明らかにすることがまず必要です。虫歯になる原因は一つではなく実はいくつもあります。歯磨きの仕方なのか、食生活なのか、唾液の性状なのか、唾液の量なのか、口腔内細菌叢なのかなど。すべてを闇雲に注意するといっても、現実的には非効率です。人それぞれリスクの存在部位は異なります。まずはご自身にはどこにリスクが高くあるのか、何に気を付けるべきなのかを知ることです。それを知るための検査を行っている歯医者さんへ行って、しっかり把握することから始めてください。

SMTについて

SMT

化学的データとして定期的にお口の状態を唾液を使って確認し、予防管理をしていく検査です。唾液を採取した後、簡単にデータを出すことのできる機械を使って、お口の中の状態を検査します。

SMT費用…2,000円

口臭検査について

口臭検査

外国人の7割が日本人の口臭にがっかりしており、その日本人の9割が無自覚だそうです。口臭対策はその原因によって変わります。「口臭があるのか?あればその原因は何か?」ということを、科学的分析によってはじき出す検査です。

口臭検査費用…1,000円

その他検査について

位相差顕微鏡検査

当医院では位相差顕微鏡を使用して口腔内細菌の種類や量を検査します。
口腔内に存在する細菌により除菌方法も変わってきます。そのため患者さんにあった除菌方法で治療を行います。
歯周病を起こすのは、口腔常在菌です。歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌を無くすことはできません。
できるだけ数を減らすことが歯周病の活動を抑え、再発を少なくすることにつながります。

細菌培養検査

感染した根管に対して、処置後に行われる検査を致します。細菌の有無や種類、耐性等を調べ、治療方針や治療効果の判定を致します。

だ液検査

だ液検査は、虫歯になるリスクを調べる検査です。だ液の量や中和力、虫歯の原因細菌数などを調べられます。検査の中では食生活についても振り返ることができます。今後の虫歯になる可能性や必要なケアはどんなものなのかを知ることができる検査です。

潜血反応検査

潜血反応試験紙を使用し、だ液中の潜血濃度を調べる検査です。 血液中のヘモグロビン濃度を色調の変化で3段階に分けて、歯周病のリスクや発症を明確にする検査です。

カリオグラム

患者さん一人ひとりのむし歯の原因と効果的な予防方法を説明する、患者さん専用ツールです。わかりやすいデータをもとに「むし歯の原因はなんなのか?」「何をすれば改善できるのか?」を患者さんにご説明するとともに、一緒に考えさせていただきます。

ダイアグノデント

レーザーを用いた虫歯の診断検査機器です。虫歯の進行度を数値化できます。 進行度を測定することで、患者さんにあった治療を心がけております。

口唇圧検査

お口の自然な状態の圧力と口唇に力を入れた状態による圧力の測定やお口を閉じられるかどうかを調べる検査です。

ご予約・ご相談はお気軽に

塩釜口駅周辺で歯医者をお探しの方はいちろう歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 052-800-2655
  • top_img20_sp.png
  • 24h受付 WEB予約はこちら24h受付 WEB予約はこちら